学生クレジットカードナビ

クレジットカードとは?

クレジットカードとは、クレジットカード会社が発行するカードのことです。このクレジットカードは、商品を買うときの支払い方法の1つになります。

普通は、お店で商品を買うときは、レジなどで現金で支払います。クレジットカードはこの現金の代わりに、提示するだけで商品が買えるのです。

クレジットカードは後払い

クレジットカードは、お店のレジなどでは現金を支払いません。だからといって、お金を払わずに買い物ができるようになるわけではありません。クレジットカードで買い物をした場合、後払いで支払います。

後払いだと、クレジットカード利用者にとってはとても便利です。しかし、お店側からするとリスクが伴います。お店はお客さんが商品代をを支払ってくれなければ損害を受けることになるからです。

そのため、一般的には後払いで商品を買うことはできません。

クレジットカードには信用がある

なぜクレジットカードは、一般的にはできない後払いができるのでしょうか?

それは、クレジットカードそのものに信用・信頼があるからです。ちなみに、クレジット(credit)という言葉は、信用・信頼という意味があります。

クレジットカードを持っている利用者は「必ず後から支払ってくれる」という信用があるため、お店は後払いを認めてくれます。

クレジットカードとキャッシュカードの違い

クレジットカードとキャッシュカードのちがいが分からないという質問を多くいただきます。そこで、クレジットカードとキャッシュカードの違いについて説明します。

まずクレジットカードは、上記で説明したとおり、お店で商品やサービスを買うときに利用できるカードのことをいいます。

そしてキャッシュカードは、銀行口座のお金を引き出したり預けたりするために使用するカードです。

キャッシュカードを持っていて利用したことがある学生の方は、多いのではないでしょうか?学校の近くやコンビニにあるATMで、お金を引き出すために使うカードがキャッシュカードです。

バイトをしている学生の方や、仕送りを受けている学生の方はよく利用することと思います。

なお、銀行のキャッシュカードをお店のレジで渡しても、買い物はできません。