学生クレジットカードナビ

クレジットカードのしくみ

お店で買い物をするとき、現金がなくてもクレジットカードを提示するだけで支払いができます。そしてその代金は、後払いで支払います。

このクレジットカードの後払いのしくみについて、正確に理解している人は少ないものです。実際にクレジットカードを利用している人でも理解できていない人が多いのが現実です。

クレジットカードの後払いのしくみを知らなくても、問題なくクレジットカードを利用できます。しかし、お金の管理という生活に深い関わりがある部分なので、学生の頃からクレジットカードのしくみを理解しておけば、社会人になってもきちんとお金の管理ができることでしょう。

そのため、ここからはクレジットカードのしくみを説明します。

クレジットカードのしくみ

クレジットカードのしくみは、お店(クレジットカードが利用できる加盟店)でクレジットカードを提示すると、カード会社が商品代金を立て替えてお店に支払い、後でカード利用者に代金を請求するという形です。

この流れをもう少しくわしく説明します。

まず、私たちカード利用者は、お店で商品やサービスを買うとき、現金を支払う代わりにお店(カード加盟店)でクレジットカードを提示します。

カード加盟店は、クレジットカードが利用できるものかどうか確認し、問題がなければ私たちは商品やサービスを受け取ることができます。 カード加盟店は何を確認するのかというと、そのクレジットカードは持ち主本人が利用しているか、本当にカード会社が発行したものか、などです。

そしてカード加盟店は、商品やサービスの代金を加盟店管理会社から受け取るため、伝票を送付します。

加盟店管理会社は伝票を確認し、商品やサービスの代金から手数料を差し引いた金額をカード加盟店に立て替えで支払います。

加盟店管理会社は、商品やサービスの代金を立て替えた取引情報をカード発行会社(イシュア)に送付します。

そして、カード発行会社は商品やサービスの代金をカード利用者に請求します。

カード利用者は、カード発行会社から請求があった商品やサービスの代金を銀行口座からの引き落としで支払います。

さらにカード発行会社は、商品やサービスの代金を加盟店管理会社に支払います。

やや複雑ですが、これがクレジットカードのしくみです。

クレジットカード会社の利益は手数料

クレジットカード会社は、カード加盟店が負担する手数料で収益を出しています。この手数料は商品やサービスの代金の数パーセントで、業種によって異なります。

そのため、カード利用者が多くの金額を使えば使うほど、クレジットカード会社の利益は大きくなります。

この手数料がクレジットカード会社の収入源の1つで、クレジットカード会社は利益を多くするために自社のクレジットカードを使ってくれるように宣伝やキャンペーンを行っています。

手数料はカード加盟店が負担する

クレジットカードで発生する手数料は、カード加盟店が負担します。感覚的には手数料は私たちカード利用者が負担しそうな感じがしますが、カード加盟店が負担しています。

カード加盟店がクレジットカード決済を導入する理由

上記の説明を読めば「お店は、手数料払ってまで加盟店にならなくてもいいんじゃね?」と思ってしまいます。

お店にとってカード加盟店になるメリットは、利便性と信用です。

もしクレジットカードが使えないお店だと、買い物に来たお客さんに不便だと思われてしまい、別のお店で買い物をされてしまう恐れがあります。また、そのときお金を持っていないお客さんでも、クレジットカードが使えると買い物をしてもらえるというメリットがあるので、多くのお店がクレジットカードの加盟店になっているのです。